タイトル
(テーマ)

公益社団法人日本包装技術協会 主催「第98回包装情報研究会」

『最新通販物流業界動向を学ぶ』
 ~パート社員育成事例から委託先選定の注意点など~

開催時間
2017年11月29日(水) 15:15~17:00

開催場所
東劇ビル10階 会議室(東京都中央区築地4-1-1)

講演内容
★通信販売のマーケットは中高年の利用者拡大やスマートフォンの普及で拡大を続けています。Amazon、Rakuten、Yahoo、ASKULなど大手のネット通販企業を中心として売上を伸ばし続けています。そんな中、通販の物流業務を一括で3PL企業に委託する企業が増えています。

★売上が拡大する中で、通販物流において、配送回数、流通加工や返品作業などが増加し、物流にかかる負担が増大し、3PLへの需要の増加につながっています。

★「2018年度問題」と言われるように、少子高齢化の日本において、運送・物流現場での人手不足が深刻になってきています。パート社員の雇用問題などが発生してきている中で、3PLのメリット、デメリットや最新の通販物流の現状について学びます。
 ●最新通販物流動向
 ●通販物流の3PLのメリット、デメリット
 ●通販物流戦略
講  師
ロジクエスト株式会社
代表取締役 清水 一成
■1973年8月生まれ。日本大学経済学部卒後、大手小売業に勤務。在庫管理、販売管理、人材管理など現場で実務経験を積む。
■医療業界に転進する。救命救急センターでは、購買部門にてコクヨ㈱の@オフィスを当時病院業界で初めて財団全体に導入し事務用品購入のコストダウンを達成し、病院業界紙で注目される。 電子カルテ導入、医療材料・医療機器購入のコストダウンなど院内物流業務改革を達成させる。
■アスクル㈱ に転進し、医薬品・医療機器通販事業の立ち上げに参画し、カタログ作成から、医薬品医療機器専用センターの立上げ、運営、営業まで幅広く活動する。
■現在は、流通・物流合わせて20年以上の経験をもとに、これまでに500社、5,000人以上の社員研修を行う。現場での失敗から学んだ経験に基づく独自の図やイラストが満載のテキストやチームビルディングを盛り込んだ、楽しく学べる研修が遠方&多忙な物流・営業マンに好評。
■現場主義をモットーに物流人材育成・指導、物流現場改善コンサルティングを行い、成果を出し続けている。
■2017年2月3日にロジクエスト㈱を設立し、現場改善活動に邁進しています!
コーディネーター ●冨野 義孝 氏(アサヒビール株式会社 研究生産本部 容器包装研究所 所長、包装管理士)
●柳  敏彦 氏(株式会社スマイル 包材事業部 包材3部 部長)
講演の様子
講演の一部
(動画)
 
個人情報保護方針